レジェンド4月例会!

IMG_0866.jpg
4月14日(日)は茨木新池での所属のレジェンド4月の例会に参加して来ました。
あいにく、お昼前から雨の天気予報でしたが、午前中は3名のゲストを含む19名、
午後からお19名、参加頂き、20名で競技を行いました。

IMG_0860.jpg
池に到着すると、あるメンバーが餌袋10枚(袋の大きさの目安はサナギパワークラス以上)と
お自身で手作りで製作の針外しなどの小物と交換という活動を行われていました。
ゴミになる餌袋を逆にゴミ袋として活用されて、釣り場でのゴミ収集に努めておられ、
このクリーン活動は応援したいと思います。

IMG_0865.jpg

IMG_0869.jpg

抽選で引いた検量カードの番号順に4号桟橋両サイドの空いた席を選んで
釣り座に入ります。

IMG_0872.jpg
私の釣り座は桟橋中央やや奥、3号桟橋向き。
テントを出して、準備を行います。

IMG_0871.jpg
9尺竿を出そうかと思いましたが、3週間前にこの池に来た時より確実に
温かくなっているので、8尺にする事に。

●天候
晴れのち曇り

●気温
15.6 / 12.0

●タックル
竿 : ダイワ 玄むく 8尺
棚 : 浅ダナ(タナ30~60センチ程度)
道糸 : サンライン 奏 道糸 0.8号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.5号 7cm
下ハリス : サンライン 奏 ハリス 0.35号 55cm ⇒ 45cm ⇒ 55cm 
上針 : がまかつ だんごマスター 5号
下針 : 鬼掛 喰わせヒネリ 2⇒ 3 ⇒2号
浮子 : migiwa 浅ダナメーターセット用 ボディー3.5cm(パイプトップ)
※餌落ち目盛りはトップから3目出し 
      
●バラケ餌
粒戦 50cc
粒戦細粒 50cc
セットガン 100cc
水 150cc
セット専用バラケ 100cc
ガッテン 100cc
GTS 100cc

●クワセ餌
タピオカ(市販のタピオカスターチ35cc + 水70cc + 牛乳大さじ1+ガムシロップ少々をレンジで60秒 + 60秒 + 40秒 + 40秒)
※各間100回以上かき混ぜ、釣り場に持参しポンプ出し
さなぎ感嘆(水10cc + 感嘆10cc)  
※感嘆1袋に軽さなぎ30cc + 粘力(付属のさじ)3杯混ぜたもの

IMG_0912.jpg
午前8時半頃より餌打ちを開始。

餌打ちを開始すると間もなく、浮子に魚のサワリが出始め、やはり、3週前とは違い
良い感じ。

IMG_0873.jpg
その後、アタリが出て合わしますが、空振り後の一投げで力強いアタリが出て、合わせ
1枚目がヒット。
上針のダンゴ餌にヒットしていました!

IMG_0874.jpg
次は下針にと餌を打ち続けると、間もなく2枚目が!
今度は下針に喰わせる事に成功。

なかなか良い感じなので、このペースでと続けますが、 餌を打ち続けると
浮子の動きが悪く。

時折、アタリが出ても空振りになり、なかなかヒットしません。

IMG_0880.jpg
右側のメンバーは良い感じで釣っています。

空振りが多いので、下ハリスを45センチに詰めましたが、更にアタリが少なくなったので、
55センチに戻し、針を3号に。

IMG_0875.jpg
ポツリポツリを釣れますが、スレ掛かりや空振りも多く、満足いく様な感じになりません。

IMG_0876.jpg
後ろの釣り座で9尺竿でセット釣りのメンバーは良い感じでヒットをさせており、
比較的型も揃っている様!

IMG_0884.jpg
今一つ調子が出ない状況でも、冬の時期よりも釣れるので、ついつい、より釣れる
セッティングを探求するのを怠り、そのまま続けてしまいます。

IMG_0885.jpg
左側で同じ8尺を振られるメンバーも、開始早々に数枚釣られ、その後暫く
苦戦されていた様ですが、またヒットと同じ様な展開!?

午前9時半頃から降り出した雨が少し強くなると、また、反応が悪くなりましたが、
拾い釣りで何とか10枚を釣る事が出来ました。

近くのラーメン店でメンバー数名と食事の後、フラシを入れての午後の競技に
挑みます。

午後から飛び入りでご参加頂いた方が右隣りに方との間の釣り座に入られ、
7尺竿の浅ダナセットの釣り。

私は午前中からの8尺での釣りを続行。

開始後、餌を暫く打ちますが、並んでフラシを入れると午前中より覿面に
厳しくなっている様子。

針を2号に戻し、餌が無くなったので、少し変えてみます。

●バラケ餌
粒戦 50cc
粒戦細粒 50cc
サナギパワー 100cc
水 150cc
セット専用バラケ 100cc
ガッテン 100cc
GTS 100cc

IMG_0914.jpg
浮子も同時にボディー3.5センチから4センチへ。



IMG_0884.jpg
開始から40~50分経過した頃にようやく1枚。

その後、一旦浮子を馴染ませて、その後、バラケ餌が抜けて浮子が戻る際に出る早めの
アタリで合わせるると、空振りになったり、返して来てフワフワとサワリが出たタイミングで、
少し誘いを入れて出るアタリで合わせるも、魚が掛かったかと思うと、首を振る様な感覚と
同時に直ぐに外れてしまったりで、なかなか釣る事が出来ません。

餌をぶら下げて長めに待つとアタリは出るのですが、遅いアタリは百発百中で空振り。
ハリスを詰めると、アタリすら無くなってしまいます。
タナを40~60センチのタナを80~1メートルに変更してみますが、今一つで、周りのメンバーも
比較的浅いタナで釣っている様子。

後ろで向きに並んで釣っているメンバーが好調な様子。

IMG_0890.jpg
なかなか状況は改善出来ないまま、時間が刻々と過ぎていきます。

後ろで釣られているメンバーが席を立たれてタイミングで状況を伺うと、
ダンゴタッチの餌では厳しく、粒戦を多めに入れたボソ餌が良いとの
アドバイスを頂き、早速、餌を作り直します。

●バラケ餌
粒戦 50cc
軽いペレット 50cc
粒戦細粒 50cc
サナギパワー 100cc
水 200cc
セット専用バラケ 100cc
セットアップ 200cc
GTS 100cc

IMG_0889.jpg
餌を変更して、暫く打ち、早めのアタリで2段階合わせの様様に強めに合わせると
しっかりフッキング、1枚目から約1時間半ぶりにようやく2枚目を釣る事に成功。
その後、続けて3枚目も。

しかし、午後3時になり、雨が強くなり、向かい側の例会が終了すると、様子が変わり、
魚のタナが変わったのか、また、浮子の動きが悪くなり、そのまま終了時間を迎えて
しまいました。

IMG_0888.jpg
IMG_0902.jpg
冒頭でご紹介のクリーン活動のメンバー、私と同じように苦労されていた様ですが、
何とか釣果を確保されていました。
また、しっかり、餌袋を利用し、ゴミを処理されていました!

1位は桟橋の少し奥逆向(5号向き)きで9尺の浅ダナセットの会長が10.0kg、2位が同じく、
その左のメンバーが9.4kg、3位はそのまた左(私の後ろ)のメンバー(バラケ餌のタッチの
アドバイスを頂いた方)が7.0kg、3号向き、桟橋一番手前のメンバーも同重量でしたが、
釣り座抽選順で惜しくも4位。
私は午後の競技では3枚/2.4kg(共にフラシ込み)で15位と惨敗でした。

上位のメンバーは日頃から、浅ダナセットの釣りを良く練習しているメンバー。
1位の会長の話で、長いハリスやバラケ餌をぶら下げるとアタリは出るが、空振り
ばかりになる、逆に餌を早めに抜くと抜け切ると全くアタリが出なくなる。
その様な状況で、早めに抜けるボソ餌で、未だ、餌が完全に抜け切る前のハリスの
倒れ込みに出るアタリを狙って釣果を重ねたとの事。

今の私の浅ダナセットの技量では出来ない釣りの話でしたが、当日のその状況で
長ハリス、ある程度持たせる餌で思う様な釣果が得られなかった自分にとっては、
「なるほど」と思える話でした。

浅ダナセットの練習の必要性を実感した4月の例会でした。

次回、5月の例会は5月12日に和歌山県紀の川市の『釣り堀センター菊水』での開催と
なります。
ゲスト参加お待ちしております。
ご興味のある方は、直接、釣り場でメンバーやFacebookのレジェンド-釣りクラブより
ご連絡下さい。
広報 かぶと

この記事へのコメント